本文へ移動

近況報告

ハーバリウム講座

2019-07-24
 ハーバリウム(Herbarium)とはもともと「植物標本」の意味です。ガラスの可愛い小瓶に花をオイル漬けしたもので、手入れせずとも花の美しい姿を保ち続けるというもの。どんな方でも気軽に楽しめるインテリアフラワーとして人気が高く、フラワーショップでも様々な種類のハーバリウムが扱われています。
 
 「せわしなく過ぎ去る日常とは、少し違った時間が過ごしたい。花や色に癒される講座、作る工程にときめきのある講座、仕上がった喜びを伝えたくなるような講座を開催したい。」という思いからいろいろと調べたところ、ハーバリウムを知りました。
 
 今回は、そんなハーバリウムの魅力を知っていただこうと、『フラワーサークル花の香』の代表、中尾理香子先生をお招きして、ハーバリウムの講習会を開きました。
・シルバーの会員さんが9名
・一般市民の方が3名
・近隣の米原市シルバー人材センターの職員さん2名
・当センターの職員6名 が参加しました。
 
 作り方は思いのほか簡単で、たくさんのカラフルな材料の中から、イメージに合った花材を選んで、瓶に詰め、オイルを入れて標本ができます。好みのリボンを結んで仕上がりです。
 
 講座では、先生から作り方の説明を聞き、思い思いの材料を手に、楽しく賑やかに進みました。
先生の明るく朗らかなお人柄で、とても心地良い空間を共有しました。選ぶこと、決めること、限られた空間に収めること、思いの位置に留めること、イメージを表現すること等々…参加者の皆さんは心踊らせ、楽しみながら作られたようです。
 どの作品も個性的で、とても魅力的に仕上がりました。「また作りたいな」「楽しかったわ」という嬉しい感想をいただきました。(木村)
TOPへ戻る